2018年12月19日水曜日

脳機能の向上等を標ぼうする医薬品等を個人輸入する場合の取扱いについて

脳機能の向上等を標ぼうする医薬品等を個人輸入する場合の取扱いについて

厚生労働省において、脳機能の向上等を標ぼうして海外で販売されている医薬品やサプリメント等の食品について調査した結果、医療用医薬品に使用されている成分を含んでいることを標ぼうしているものが多数認められました。薬物依存等に関する研究を行なっている団体の専門家の意見や厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会における議論を踏まえて検討した結果、以下の成分は、医師の処方せん又は指示によらない個人の自己使用によって健康被害や乱用につな がるおそれが高いと考えられます。
そのため、平成 31 年1月1日から、以下の成分を含む、海外で販売されている医薬品や食品等については、海外からの入国者が国内滞在中の自己の治療の ために携帯して輸入する場合を除いて、数量に関わらず、あらかじめ薬監証明の交付を受けない限り、一般の個人による輸入は認めないこととするので、ご了知願います。

厚生労働省医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課長


【規制対象成分】★は当店取扱い成分。 
《てんかん治療薬》 
・ピラセタム★(商品名:セレスタム、ヌートロピル、プレキサロン・プラス、ピラセジン) 
・レベチラセタム★(商品名:ケプラ点滴静注、レビピル)

《ADHD治療薬》 

・アトモキセチン★(商品名:アトストラット、アクセプタ、ストラテラ) 

《そのほか》 
・ジヒドロエルゴトキシンメシル酸塩 
・ニセルゴリン★(商品名:コラーゴル) 
・アニラセタム 
・エチラセタム 
・ネフィラセタム 
・オキシラセタム 
・プラミラセタム 
・ニモジピン★(商品名:ニモディップ) 
・ビンポセチン★(商品名:コグニトール、コグビン) 
・プロプラノロール塩酸塩★(商品名:ジデラル、インデラル、カーディノル) 
・アテノロール★(商品名:マイラン・アテノロール、ニロル、ポリキャップ、テノリック、テノーミン、テンシノール) 
・ブロモクリプチンメシル酸塩★(商品名:アポ・ブロモクリプチン、パーロデル) 
・フロセミド★(商品名:フルセネックス、フロセミド、ラシラクトン、ラシックス) 
・チアネプチン★(商品名:スタブロン) 
・ソマトロピン(遺伝子組み換え) 
・デスモプレシン酢酸塩水和物★(商品名:ミニリン) 
・タンニン酸バソプレシン★(商品名:ミニリン) 
・アドラフィニル・ナドロール★(商品名:アポ・ナドロール) 
・プロカイン塩酸塩(外用剤を除く) 
・デヒドロエピアンドロステロン・プレグネノロン 


なお、この件についての詳細は厚生労働省にお問い合わせください。
電話:03-5253-1111(代表) ※平日18時まで


0 件のコメント:

コメントを投稿

脳機能の向上等を標ぼうする医薬品等を個人輸入する場合の取扱いについて

脳機能の向上等を標ぼうする医薬品等を個人輸入する場合の取扱いについて 厚生労働省において、脳機能の向上等を標ぼうして海外で販売されている医薬品やサプリメント等の食品について調査した結果、医療用医薬品に使用されている成分を含んでいることを標ぼうしているものが多数認められました...